トップ 経営コンサルタントナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

経営コンサルタントナビ経営コンサルタントと資格 > 行政書士と経営コンサルタント業務

行政書士と経営コンサルタント業務

行政書士と経営コンサルタント業務の画像

社労士や行政書士が経営している、経営コンサルタント会社は多数あります。
行政書士が経営する経営コンサルタント会社には、どのような利点があるのでしょうか。
会計処理や経理記帳などによって見えてくる決算書分析に基づいた経営戦略を練ることが出来る、という利点があります。
現実的な数字をきちんと確認することで、伸ばす点や改善する点などが見えてくるというわけです。

行政書士がいなくても、経営コンサルタントとして業務を行なうことは可能です。
ですがこういった行政書士がいることで、様々なコンサルタント業務を行なうことが可能となります。
社会保険労務士や行政書士・税理士などが、経営コンサルタントを行うということが主流となっています。
全てのことに網羅していなければ、会社のコンサルタント業務をトータルで行なうことは出来ません。
「我が経営コンサルタント会社には複数の専門家がいる」ということを売り文句にしている経営コンサルタント会社もあります。

お願いする側としても、このようなスペシャリストが揃っている会社の方が安心して任せることが出来るというものです。
経営コンサルタントと行政書士というのは、切っても切れない縁があるといっても過言ではありません。

これからコンサルティング業務を行なうのであれば、こういった行政書士の資格というものはぜひ取得しておきたいものです。
その方が、依頼を受けた会社に対してよりよい経営アドバイスを行うことが出来るからです。

経営コンサルタントナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 経営コンサルタントに転職

経営コンサルタントに転職する為には、ほとんどの会社がある程度の実績を求めています。 実績や経験がある方が優遇されるというのは、他の職業と同じです。 ですが未経験であっても最初から丁寧に指導を行うというところもあるので、全くの未経験という方はそういった会社を選択するようにしましょう。 金融やコンサルティング関連の求人のみを取り扱っている求人情報サイトなどもあります。 事前に登録を済ませておくことで、希望の求人が来た場合にはすぐに情報を知ることが出来ます。 経営コンサルタントに

経営コンサルタントナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。