トップ 経営コンサルタントナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

経営コンサルタントナビ経営コンサルタントと資格 > 税理士と経営コンサルタント業務

税理士と経営コンサルタント業務

税理士と経営コンサルタント業務の画像

経営コンサルタントは自分から名乗りを上げることで経営コンサルタントとして仕事を行うことが可能であり、特に決められた資格などは必要ありません。
ですが、税理士に関してはきちんと国家資格を取得しなければ税理士として仕事を行うことは出来ません。
ですから経営コンサルタントと名乗っている会社であっても、税理士や公認会計士などが一人もいなければ一部の業務が出来ない場合も出てきます。

税務に関することも業務とするのであれば、税理士としての資格を持った方が必要になるというわけです。
反対に税理士の資格を持っていれば、経営コンサルタントとして仕事を行うことは可能です。
経営コンサルタントという資格が無いわけではありませんが、誰でも仕事が出来るというのが現状です。
ですが仕事をする為には信頼や実績といったものも必要となってくるので、成功するかどうかは別問題です。

経営コンサルタントと名乗っている方の多くは税理士資格を持っており、仕事をする上では必要な資格とされています。
経営に関する様々なアドバイスを行う為には、やはり税務に関することも必要となってきます。
その時に、税理士の資格が無ければやりにくい部分も出てくるのではないでしょうか。
これから経営コンサルタントとして仕事をしていくのであれば、やはり税理士資格も取得しておくべきです。

経営コンサルタントとして開業し、税理士を数人雇うという方も中にはいらっしゃいます。
ですが何かと不便な部分もあるようで、多くの経営者は税理士資格も取得しているようです。

経営コンサルタントナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 階層別研修

経営コンサルタントが行う研修方法のひとつに、「階層別研修」と呼ばれる研修方法があります。 この階層別研修というのは、その名の通り会社内での階層に合わせてそれぞれの研修を行う方法です。 例えば新入社員には新入社員の、中堅社員には中堅社員のといったような研修方法です。 今までは全ての社員を対象として行われる研修の方が、多かったのではないでしょうか。 ですが全ての社員を対象に研修を行うよりも、このように階層別に分かれて研修を行った方が効率も良いというものです。 会社がこれから発展

経営コンサルタントナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。