トップ 経営コンサルタントナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

経営コンサルタントナビ経営コンサルタントと資格 > 中小企業診断士

中小企業診断士

中小企業診断士の画像

中小企業診断士は社会的にも大きな評価を得ている資格のひとつで、経営コンサルタントとして唯一の国家資格となっています。
中小企業診断士とは、中小企業の経営課題に対して助言や診断を行う専門家のことを言います。
依頼を受けた企業に対して、まず企業の成長戦略の策定について専門的知識をもってアドバイスを行います。

経営コンサルタントは同じように中小企業からの依頼という仕事もあるので、このような資格を取得しておくことは大切なことです。
これから先仕事の幅を広げたいのであれば、中小企業診断士の資格は必要となるでしょう。
中小企業診断士に求められるものは、専門知識だけでなく企業や行政・金融機関とのパイプ役も努めなければなりません。
幅広い活動に対応出来る能力が必要とされる大変難しい資格でもあります。
ですが、資格取得そのものは2段階で試験を受けなければなりませんが、それほど難関ではないようです。

中小企業診断士になる為には、まず中小企業診断協会の第一次試験に合格しなければなりません。
第一次試験に合格後は、二次試験に合格するか実務補習を受けるかどちらかを選択する必要があります。
他にも中小企業基盤整備機構または登録養成機関が実施する養成課程を修了するという方法がありますが、いずれかを選ぶようにしましょう。
その後、中小企業診断士として登録することになります。

実務補習は、中小企業診断士試験合格者を対象に15日間の実習方式で実施します。
中小企業診断士の資格試験は、国家資格となります。
経営コンサルタントとして仕事をするのであれば、ぜひ中小企業診断士の資格は取得しておくようにしましょう。

経営コンサルタントナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ キャリア研修

キャリア研修というのは、自分のこれからの目標をしっかりと見据えて自己責任においてキャリアをマネジメントしていくというものです。 30代や40代という年代は、日々の業務や仕事にも精通している年代でもあります。 キャリア研修はそういった年代の方達を対象としており、専門能力をもっと高めて自己啓発を促すという役割があります。 キャリア研修を導入している会社というのは、社員個人個人の成長が著しく会社の発展へとつながっているようです。 経営コンサルタントが会社の業績を伸ばす為にしなけれ

経営コンサルタントナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。