トップ 経営コンサルタントナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

経営コンサルタントナビ経営コンサルタントと資格 > MBA取得で経営コンサルタント

MBA取得で経営コンサルタント

MBA取得で経営コンサルタントの画像

MBAとは、Master of Business Administrationの略で経営学修士のことを指します。
ヨーロッパやアメリカのビジネススクールなどでは、修士号を取得された方をMBAと呼ぶことがほとんどだそうです。
MBAを取得することは大変重要なことであり、弁護士や公認会計士などと並ぶ最高レベルの資格となっています。

さらに、ビジネスにも直結する資格でもあり、企業にとっても多くの利益をもたらすと求人面でも重宝されています。
MBAを取得した経営コンサルタントほど、無敵と呼べる方はいないのではないでしょうか。
経営コンサルタントとして仕事をしていくのであれば、MBAは取得しておきたいものです。
MBA取得のメリットとしては、限られた期間の中で経営に関する必須知識を効率的に学ぶことが出来るという点にあります。

さらに、幅広い人脈ネットワークや、キャリアを広げることが出来るという利点もあります。
では、MBAを取得する為には、どのようにすればよいのでしょうか。
MBAの取得方法には様々な方法があり、通信教育で学ぶことも可能ではありますが海外留学で短期に取得するという方法があります。

ただ海外留学の場合には、相当の費用が必要となるので事前に準備が必要となります。
ほとんどが集中して勉強することで、1年~2年という期間で取得することが可能です。
MBAを取得しなくても経営コンサルタントとして仕事を行うことは可能ですが、仕事の幅を広げたいのであればぜひ取得しておくようにしましょう。
アメリカなどではMBAを取得しているというだけで経営者候補となることがあるようです。
しかし国内ではそれだけでは通用せず、何らかの実務などで実績を上げる必要があるのも事実です。

経営コンサルタントナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 税理士と経営コンサルタント業務

経営コンサルタントは自分から名乗りを上げることで経営コンサルタントとして仕事を行うことが可能であり、特に決められた資格などは必要ありません。 ですが、税理士に関してはきちんと国家資格を取得しなければ税理士として仕事を行うことは出来ません。 ですから経営コンサルタントと名乗っている会社であっても、税理士や公認会計士などが一人もいなければ一部の業務が出来ない場合も出てきます。 税務に関することも業務とするのであれば、税理士としての資格を持った方が必要になるというわけです。 反対

経営コンサルタントナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。