トップ 経営コンサルタントナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

経営コンサルタントナビ経営コンサルタントの基礎知識 > 医業経営コンサルタント

医業経営コンサルタント

医業経営コンサルタントの画像

医業経営コンサルタントとは、医療・介護・福祉にかかわる者から依頼を受けて経営に関するコンサルティング業務を行うものです。
医業経営は特殊なものであり、専門家を必要とします。

現在の医療機関は高齢化社会などによって問題を抱えているところが数多くあるというのが現状で、経営改善・実施支援などを行うことを業務としています。
少しでもより良い医療を目指すことが出来るようにお手伝いをうるというのが、医業経営コンサルタントなのです。
日本医業経営コンサルタント協会では、一定の資格要件を満たした方には資格認定を行っています。

資格認定を持っているかどうかは、医業経営コンサルタントを利用する場合のひとつの目安として考えればよいのではないでしょうか。
病院などの経営に関して悩んでいるのであれば、一般の経営コンサルタントではなく医業経営コンサルタントにお願いすることになります。
専門家ですから、様々な相談に乗ってくれることでしょう。
医業経営のみを専門とするコンサルティングを行うのですが、医業経営セミナーなどに講師として参加することもあり仕事内容は多岐に渡ります。

医業経営コンサルタントとして資格取得後には、日本医業経営コンサルタント協会に登録する必要があります。
登録後は必用時間数の履修が必要となり、時間数が満たない者は登録を抹消されることとなります。
国家資格ではありませんが、医業経営コンサルタントとして仕事をする為には必要な資格といえるのではないでしょうか。

経営コンサルタントナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ MBA取得で経営コンサルタント

MBAとは、Master of Business Administrationの略で経営学修士のことを指します。 ヨーロッパやアメリカのビジネススクールなどでは、修士号を取得された方をMBAと呼ぶことがほとんどだそうです。 MBAを取得することは大変重要なことであり、弁護士や公認会計士などと並ぶ最高レベルの資格となっています。 さらに、ビジネスにも直結する資格でもあり、企業にとっても多くの利益をもたらすと求人面でも重宝されています。 MBAを取得した経営コンサルタントほど、

経営コンサルタントナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。