トップ 経営コンサルタントナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

経営コンサルタントナビ経営コンサルタントの基礎知識 > 経営コンサルタントとは

経営コンサルタントとは

経営コンサルタントとはの画像

会社の倒産や規模の縮小など不況の時代が続いていますが、そんな中でもよく耳にするのが経営コンサルタントという言葉です。
では経営コンサルタントとは、どのような仕事を行うのでしょうか。
メインの仕事としては、依頼された会社に対して経営に関する改善指導を行う専門家のことを言います。

経営上の診断・指導・企業経営全般に関する相談業務を行ない、他にも人事や財務など仕事内容は幅広いものとなっています。
会社の経営に関することだけでなく、医業経営や農業経営のコンサルタントなど様々な分野でのコンサルト業務を行なうことになります。。
ですが、全てのことに関して熟知しているというわけではありません。
経営コンサルタントにはそれぞれ自分の得意とする分野があり、それに合わせて仕事をされている方が多くいらっしゃいます。
ですから経営コンサルタントに依頼をする時には、企業の体制に合った経営コンサルタントを選択する必要があります。

コンサルティング業務は、個人で行う場合もあれば法人によって行われる場合もあります。
経営について任されるわけですから、日々勉強が必要となります。
社会情勢・経済の動向・法改正などは日々変化しているので、そういったものを見極めながら経営相談に乗る必要があります。
日頃からアンテナを張り巡らしておかなければ、経営コンサルタントという仕事を行うことは出来ません。

コンサルティング業務を行なうに当たって、特別な国家資格などは必要ありません。
誰もが経営コンサルタントとして名乗ることが可能ですが、認定資格などの民間資格があります。
昭和52年には社団法人全日本能率連盟によって資格称号の登録制度が発足し、平成10年にはマネジメント・コンサルタント認定制度として再発足しました。
これによって認定マネジメント・コンサルタントや、認定マスター・マネジメント・コンサルタントなどの認定資格が認められるようになりました。

経営コンサルタントナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ アセスメント研修

経営コンサルタントが行うアセスメント研修と呼ばれる研修方法は、シュミレーションを通じてマネジメント能力を見ることです。 優秀な人材を確保する場合や、人事の昇格などはどのようなことで判断を行うべきでしょうか。 もちろん人柄やキャリア・今までの功績など、判断材料は色々とあります。 そういった判断材料の中のひとつとして、マネジメント能力を加えてみませんか。 アセスメント研修というのは、様々な演習課題を組み込むことでその人のマネジメント能力を総合的に判断します。 仕事が出来る=マネ

経営コンサルタントナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。